レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーでドメイン取得

ドメインを取得すると何かと便利なのですが、そのドメインにも注目してレンタルサーバーを選んで見ましょう。よくわからない人にとっては混同しがちになりますが、レンタルサーバーはレンタルサーバーです。掲載するスペースを提供しているだけなのです。

そこでホームページの住所である独自のドメインが欲しい人はというものを別で用意する必要があるのです。つまりドメインが必要な人はレンタルサーバーを借りるのとは別にドメインも取得しなければならないということなのです。

このサイトで説明すれば「http://www.rentalservercompa.com/」が上に見えると思いますが、当サイトは「rentalservercompa.com」というドメインを取得しています。これはレンタルサーバーを借りたときに自動的に付くのではなく、別でこのドメインを取得しているのです。

このようにする理由は、rentalservercompa.comというものは管理人の私のもので、レンタルサーバーのものではありません。もし、レンタルサーバーが運営をやめても別のスペースにこのドメインを持っていけば今までと何らかわなくこのサイトの運営が可能になります。

ドメインには当サイトのようなgTLDドメイン【.com】のほかに【.org、.net、.info、.biz 】があり汎用JPドメイン【.jp】、属性型・地域型JPドメイン【co.jp、.or.jp、.ne.jp、.gr.jp、.ac.jp、.ed.jp】などから日本語ドメインまでいくつも種類があります。ドメインの種類によりサーバーが管理できないものもありますのでしっかりと確認しておきましょう。

また、そのようなドメインをひとつのプランのサーバーを借りるだけでいくつも使うことができるマルチドメインであるかどうかもサーバー選びでは必要になってくる人もいると思います。最近はいくつものホームページを持つ人が増えてきています。その都度、レンタルサーバーと契約しなくても済みますので手間もお金も掛からないため助かります。

例えば当サイトのレンタルサーバー比較最前線というサイトですが、姉妹サイトにプロバイダー比較最前線というサイトも運営しています。このプロバイダー比較最前線は「providercompa.com」というドメインを取得していますが、レンタルサーバーはひとつしか契約していません。これが出来るのがマルチドメインなのです。

レンタルサーバー+ドメイン+レンタルサーバー+ドメイン=2サイト
レンタルサーバー+ドメイン+ドメイン=2サイト


この2択ならば下記の方が便利でお得です。マルチドメインが希望の人はそのレンタルサーバーがマルチドメイン可能なのかとドメイン数はいくつまで可能なのかを確認しておきましょう。

これと似たようなものでサブドメインという例えば当サイトの

rentalservercompa.com」で
「a.rentalservercompa.com」「b.rentalservercompa.com」

というドメインを作ることが出来るのがサブドメインです。サブドメインが必要という人はこちらも可能かどうか、またいくつまでサブドメインを作ることが出来るのかも確認しておきましょう。


ホームページを作るならお名前ドットコムのレンタルサーバー!